【心理学】デートなど断られなくするテクニック

 

誰でも好きな相手をデートに誘うときは勇気が必要で、
それが初デートとなると誘うときに緊張してしまうはずです。

そして、もし断られてしまったらその後話しかけづらくなる可能性
もあるので、なるべく1回目の誘いでOKをもらいたいところです。

ということで、今回はデートに誘うときに使える心理学テクニック
ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック』について紹介していきます。

 

スポンサードリンク


ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックというのは、はじめに
大きいことをお願いし、一度相手に断らせます。

そして2度目のお願いでは一度目のお願いよりもハードルを下げ、
相手に一度目のお願いよりも負担の軽いお願いをすることで、
受け入れられやすくするテクニックのことです。

これは、2度目のお願いが本当の目的で、1度目のお願いは
相手に断らせることが目的となります。

相手は1度断ることで2度目のお願いは断りにくくなるのです。

 

例えば、デートに誘いたい相手に
明日○○さんの家に遊びに言ってもいい?」とお願いすると、
特に親しくなければ「それはちょっと・・・」と断られるでしょう。

しかし一度断られたからといって諦めずにハードルを下げ、
だったらどこか食事とかカラオケとかは?」と言われると、
先ほどよりも負担が軽くなり、また一度断っているため
軽い罪悪感からOKしてしまうことも。

 

このような感じでドア・イン・ザ・フェイス・テクニックを使用します。

ただ、必ず成功するというわけではないので誰にでも使うのは
辞めたほうがいいかも(笑)

こういうテクニックがあるんだ、という程度におさえて、
もしデートに誘いたい相手がいるときに勇気を出して使ってみては?

 

まずは練習としてはじめに「1万円お小遣いちょうだいと」とお願いし、
断らせた後、2度目で「なら1000円でもいいから」という
感じでやってみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です